ハードレックス

ハードレックスとは

衝撃強度や引裂強さが大幅に向上し耐破袋性に優れた袋です。

 軟包材はビンやカンとは違い、割れない・凹まないのが特長です。しかし、破袋・ピンホールという軟包材特有の問題があります。とくに超低温物流時の過酷な条件下においては、袋の耐破袋性は要求がさらに高まります。

 この破袋・ピンホール問題を解決するために、弊社独自のブレンド技術により衝撃強度・引裂強さを大幅に向上させたフィルム「ハードレックス」を開発しました。

 低温物流時の破袋・ピンホールにお悩みの方、また米袋・肥料袋など総合的なフィルム強度の向上をお求めの方に最適なブレンド技術です。

特長

ハードレックス特長

測定値であり保証値ではありません

1.抜群のフィルム強度
弊社独自のブレンド技術によって製膜されたハードレックスは、従来のEVAを主原料とした冷凍食品用フィルムに比べて、衝撃強度(フィルムインパクト)や引裂強さが大幅に向上し、優れた耐破袋性をもっています。
2.優れた耐寒性
低温物流時の衝撃に対する商品の耐破袋性の評価方法のひとつである三方落下試験で、マイナス28℃での使用条件において、破袋ゼロという結果が出ており、耐破袋性だけでなく耐寒性も兼ね備えた袋です。
3.優れた透明性
汎用LLD(C4)フィルムや従来の冷凍食品用フィルムに比べ、透明性が優れています。

Technical Data

ハードレックスのフィルム物性
  ハードレックス 冷食用Film
(EVAベース)

LLD (C4)
d=0.925

LDPE
d=0.923
フィルム厚み [μm] 50 50 50 50
引張強力
[N/cm]
MD 23 14 20 15
TD 27 11 17 11
引裂強さ
[mN]
MD 5000 2900 350 6700
TD 14900 4500 9400 2700
フィルムインパクト [J] 2.1 1.4 1.0 1.4
引張伸度
[%]
MD 590 350 555 260
TD 720 700 880 690
弾性率
[MPa]
MD 255 170 280 230
TD 290 230 350 290
HAZE [%] 5 10 6.3 6.8
ハードレックスのフィルム物性バランス

測定値であり保証値ではありません

ハードレックスの用途例
使用用途 サイズ 内容物 ユーザにて評価された性能
鶏肉用袋 0.050×400×620 生鶏肉 耐ピンホール性、爽雑物シール性
0.060×400×410 手羽先肉 耐ピンホール性
冷凍食品 0.070×220×445 えび 総合的フィルム強度
0.070×160×350 餃子 耐寒強度、耐衝撃強度
チルド食品 0.050×140×300 漬物 耐ピンホール性
粉体食品 0.070×600×900 健康食品 総合的フィルム強度
ペースト状食品 0.050×510×750 カスタードクリーム 耐ピンホール性
0.070×470×720 炊き込みご飯の素 耐寒強度、耐ピンホール性
斗缶中敷き袋 0.070×480×1100 ゆず果汁 耐ピンホール性
非食品 0.110×480×600 玉砂利 総合的フィルム強度

ページの先頭へ ▲