帯電防止フィルム

帯電防止フィルムとは

特殊加工により帯電防止性を付与したフィルムです。

 静電気には、絶縁体の表面に正電荷が発生した場合、反対面に負電荷が発生する『静電誘導』という特異な物理現象があります。この現象は、プラスチックフィルム表面へのゴミの付着の大きな原因となっており、この現象を防止することを『静電誘導防止効果』と呼んでいます。当社ではこの静電誘導防止効果に着目し、新しい帯電防止フィルムを開発しました。

 フィルムに帯電防止性能を付与する弊社独自の加工技術は、フィルム内面への内容物の付着の問題・フィルム外面へのほこりの付着の問題を解決します。

特長

1.特殊加工により安定した帯電防止効果を発揮します。
従来の界面活性剤を使用する帯電防止フィルムとは違い、帯電防止剤がフィルム表面にブリードアウトするものではないので、擦れ等により帯電防止剤がなくなる事がありません。したがって長期間安定した帯電防止効果を発揮します。
2.低湿度下でも安定した帯電防止効果を示します。
空気中の水分を吸着し、帯電防止性能を発現するのではなく、静電誘導防止効果により帯電防止効果を発現するので、湿度による影響を受けません。
3.クリーンなラミネートフィルムです。
帯電防止剤が内容物と直接接触することがないので内容物を汚染しません。
4.ヒートシール性を阻害しません。
シーラントフィルム表面に帯電防止剤が存在しないので、本来のヒートシール適正が維持されます。
5.透明性に優れます。
従来の静防フィルムと違い界面活性剤のブリードアウトや白化がないので、透明性が低下しません。
 
6.規格品「静防OP PZタイプ」も好評発売中です。

Technical Data

従来品と比べてこんなに違います!

摩擦帯電圧測定結果[OPP/CPP構成]

  • フィルムの内面・外面とも特に低温度下での帯電防止性に優れます。
  • 袋の内面への内容物の付着・袋の外面へのほこりの付着の問題を解決します。
摩擦帯電圧測定結果[OPP/CPP構成]

測定値であり保証値ではありません

ヒートシール強度・HAZE測定結果[OPP/CPP構成]

  • シール強度も従来品と比べて強い。
  • 従来品と比べてHAZE(透明性)が良い。
ヒートシール強度・HAZE測定結果[OPP/CPP構成]

測定値であり保証値ではありません

その他

帯電防止フィルムの注意事項

  • ボイル殺菌はできません。

ページの先頭へ ▲